Q&A

■マチヤマ式エナジーワークについて

Q1:リーディングとは何ですか?
体の情報を読み取ることをリーディングと言います。体に歪みなどの構造の問題、心の問題、魂の問題などを分析し、不調の原因を探します。方法は、氣を使い、フィシオエナジティック、六諦感印法、デジタルリーディングをベースとした手法を使います。

Q2:オーラの浄化とはどういったことをするのですか?
オーラとは、体の周りをとりまいているエネルギー層です。最初の層は物理的エネルギーの性質をもっていて、大気と似ています。乱気流になっていたり穴(ホール)があいていたり、実体とずれがあったりします。その場合は、体に何らかの異常や違和感となって現れている場合があります。体の情報を一番感じられる層(エーテル)です。第2、第3のアストラル、メンタルなどと呼ばれる層は心の中(スピリチュアル)を表している場合が多いです。その中で気づいた点を氣を使って浄化します。

Q3:フィシオエナジティックとは何ですか?
原因をインフォメーション(情報・經絡)、エモーション(感情・心理的)、ケミカル(生体化学)、ストラクチャー(身体バランス・構造)に分けてより細かい分析をしてセラピーする方法です。 その他オーラ、チャクラ、地理病理、電磁波感度過敏などを調べます。
心の癒しでは、トラウマを改善します。トラウマは胎児のときから発生しています。

■待山氣塾について

Q4:以前にも違うセミナーでアチューンメントをうけたことがあるのですが、待山氣塾でアチューンメントをうけても問題はないですか?
アチューンメントは、どこで何度受けても問題はありません。ただ、アチューンメントを行う人間の氣の性質を受け継ぐ傾向があるので、同じアチューンメントでも受ける感じは違うものになるとおもいます。どんなものでも、実際に自分で受けてみて、どんな感じがするか、感じ取ってみてください。自分自身の感度を上げるためには、いろんな人と関わり、いろんなエネルギーを感じて見ることが重要だと思います。

Q5:アチューンメントを受けるのに年齢制限はありますか?
特に決まってはいませんが、あまり若すぎるとよくないと考えて言います。というのは、まだ、人生経験も少ない中では、どうしてもトラウマなどについて十分な理解をできない場合があります。また、これは、個人差もあります。一度、ご相談ください。

Q6:どうしても氣などのスピリチュアルな世界のことが信じられないのですが、それでもアチューンメントを受けられますか?
できます。最初から信じられる方が不思議です。信じる、信じないに関わらず氣を使うことはでます。治療を受ける方でも信じていない方もいらっしゃいます。けれども、結果として成果があることで治療を続けてくださっています。氣や魂の世界についての理解は、それぞれ個人のタイミングで理解できる時がきます。無理に解釈を急ぐよりは、様々な経験を通して、色々なことを感じてみてください。

■その他

Q7:幽霊がみえますか?
世間でいうところのオバケといわれているようなものが、見えるかという質問であれば、答えはNOです。ただ、クライアントをリーディングしていくなかで、それらしいものが見えることもあります。それは、人の念だったり、過去に生きていた人の姿だったりしますが、見えた内容がクライアントにとって必要であれば、それを伝えることもあります。つまり、何かを見るということは、必要があって見るということなのです。それは、幽霊というよりも、メッセージだと理解できます。

Q8:霊障とは何ですか?
いわゆるツキモノです。動物霊、生霊、魂、先祖霊、過去世などです。これはオーラーの中に表れます。原因不明の病や理由のない不調の原因になったりします。これらは気(マントラ)で浄化できます。霊障度が高い場合、これらを浄化せず施術してもうまく効果がでません。また何度も繰り返すことになります。ただ、霊といっても、オーラにあらわれるコンピューターウィルスやバグのようなものなので、その霊の因縁や悪意を理解したりする必要はなく、氣をつかってクリーニングしていくというイメージです。

Q9:前世はありますか?
前世とは、人は生まれる時、その生まれる人の先祖からの情報(=遺伝子)と前世からの情報(=スピリチュアル)を受けついで新しい人生をスタートさせるという考え方です。近頃、遺伝子治療などというものが出てきましたが、同じ遺伝子を持った人が同じ病気になるわけでもなくスピリチュアルなものもその人、その人で違ってきます。 前世の情報は原因不明な症状やどうしても他に考えようがない場合に必要になる情報です。